近畿税理士会吹田支部

すいたっくす

吹田・摂津地区租推協だより

  • わたしたちの生活と税 
    (平成16年度大阪府中学校社会科資料より)

税の歴史を見てみよう! 

時代 税にかかわることがら 背景
弥生
古墳

日本の税の最古の記録
魏志倭人伝に日本の税に関する最古の記録がある

「女王卑弥呼が支配する邪馬台国には、建物や倉庫があって、集めた税を納めていた」

3世紀

飛鳥
奈良

大宝律令と租・庸・調
古代統一国家の完成により、全国統一的な税の制度が整備された

租・・・口分田の収穫の約3%を納める

庸・・・年間10日間の労役につくか、代わりに布を納める

調・・・各地の特産物を納める

雑徭・・各地の土木工事などに従事する(年間60日間)

懇田の私有化

645
大化の改新
701
大宝律令の制定
班田収授の法
743
懇田永年私財法

平安

荘園と年貢、労役
貴族や寺社が地方豪族と手を結んで、田畑の大規模な開発に努めた結果、荘園制度が成立した

農民は荘園領主に年貢や労役など、さまざまな税を納めるようになった

年貢・・・田畑の面積別に課せられる税のこと (米などの生産物)

794
平安京に都を移す
1180
源平の内乱が始まる

鎌倉室町

経済の発展と座役
鎌倉時代には、守護や地頭、荘園領主などの保護のもとで、経済が発展した
 (貨幣の流通)

同業者が集まって「座」が誕生し、生産や販売を独占する代わりに座役という税を、製品や貨幣で荘園領主に納めた

新税の誕生

室町時代には、農民からの年貢のほか、商工業の発展とも関連して新しい税の誕生が見られた

棟別銭・・・家屋の棟数別に課税された税金

土倉役・酒屋役
・・・当時、最大の商人であり、高利貸を行っていた質屋(土倉)と
酒屋の営業に課税された税金

1192
源頼朝が鎌倉幕府を開く
1338
足利尊氏が征夷大将軍となる
1467
応仁の乱が始まる
安土
桃山

太閤検地と石高の課税
天下を統一した豊臣秀吉は、全国の田畑の広さをはかる太閤検地を行った

これにより年貢取り立ての基準「石高」を定めた

1590
秀吉が全国を統一する
江戸

年貢確保と運上、冥加
年貢は江戸時代になっても受けつがれ、税収のほとんどを占めていた (4公6民、5公5民)

この時代から、取り引きや生活のいろいろなものに税がかけられるようになった

運上・冥加
・・・商業、鉱工業、漁業、運送業などの営業者に課税された、
この時代の雑税

1603
徳川家康が江戸幕府を開く
1643
田畑売買禁止
1853
ペリーの来航

明治
大正
昭和
 (戦前)

大事業だった地租改正
1873(明治6)年、地租改正が実施され、土地の所有者には地券が発行された。この地券に書かれた土地の価格の3%が地租で、納税はお金で行う金納とされた

江戸時代からの雑税1553種を整理し、あらたに間接税が創設され、国税と地方税に分けられた

1887(明治20)年、所得税が導入された
 (別名「名誉税」)

当時、衆議院議員の選挙権は、直接国税15円以上を納める25歳以上の男子に限られていた

1899(明治32)年、法人課税が実施された

増税の続いた昭和戦前

戦争が続き、そのたびに増税が行われた。昭和初期には物品税、電気ガス税などが創設された

1940(昭和15)年、給与所得者に源泉徴収制度が導入された。
法人税が所得税から独立した

1868 
明治維新
1889 
大日本帝国憲法の発布
1894 
日清戦争
1904 
日露戦争
1914 
第一次世界大戦
1931 
満州事変
1937 
日中戦争
1941 
太平洋戦争
昭和
 (戦後)

戦後の税制とシャウプ勧告
1947(昭和22)年、納税者が自主的に税額を計算して申告する、申告納税制度が設けられた

1949(昭和24)年、アメリカのカール・S・シャウプ博士により「シャウプ勧告」がなされ、これを基礎に戦後の税制が整備された

1946
日本国憲法の公布
平成 新しい時代の税制へ
1989(平成元)年、消費税が導入された
 

 

 

戻る

講師派遣

租税教室への講師派遣は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。
>申込書(PDF)はこちらです。